新電力会社と東京電力、両方から電気を買うための電気工事



前回の記事、新電力会社と東京電力の2社から電気を買うことってできるの?という記事で配線を分けることで複数の会社から電気を購入することはできることが分かりました。


深夜にお湯を作りたいエコキュートはこれまでとおりの東京電力の電化上手プランで、昼間に電気を使うことが多いリビングのテレビやエアコンは東京電力よりも安い価格で提供してくれる新電力会社から購入、こんなことができればトータルコストが落とせるのではないでしょうか?


現在、当然、購入用の電気メーターはひとつです。家のあらゆる電気機器への配線はこのメーターがカウントし東京電力からのみ電気を購入しています。


この配線を分ける工事が必要となります。まず家を建てた工務店に問い合わせてみました。


設計士さんの回答は、技術的に可能。各部屋、各電化製品に繋がる配線は分電盤につながっているため、これを設定し直すことで各コンセントに行く電気を会社で使い分けることはできるそうです。ただ、配線を設定しなおすとなると壁を剥がすなどけっこう大がかりの工事となってしまうこともあり得るとのことでした。


費用はどの程度の工事が必要かは建築士である自分には分からないので、電気設備の専門家に相談するのが良いでしょうと我が家の電気配線を担当した電気設備会社さんを紹介してくれました。





紹介された電気設備屋さんに問い合わせてみると、配線工事を行うことで複数社から電気を購入することは可能。配線工事は現場を見てみないことには分からないので出張させてもらい見積もりを出させてもらわないことには金額はまったく分からないとのことでした。


さらに電気設備屋さんから面白い話が聞けました。


技術的には時間帯によって購入する電気会社を選ぶことも可能だそうです。分電盤や配線を設定しなおすとなると工事が大がかりになり費用もかさんでしまう可能性がありますが、時間帯によって購入する電気のメーターを切り替えることも可能なのだそうです。こっちの方が現実的なのでは?とのことでした。


ということは、


1.昼間に電気を使う部屋には価格の安い新電力会社から、深夜に電気を使うエコキュートには東京電力からと電気配線を分けることで新電力会社と東京電力、両方から電気を買うことは可能。

2.時間帯によって購入する電気メーターを切り替えることで、昼間は新電力会社から、夜は東京電力から電気を購入するなんてことも可能。


ということになります。これは検討の余地が大いにありそうです。我が家の場合、太陽光発電システムも導入しているので、昼間は発電し余った電気は東京電力に破格の値段で買い取ってもらっています。


この制度はあくまで余った電気を購入してもらえるので、もし、昼間は新電力会社から買うことができれば、発電した電気を全部、東京電力に買ってもらえるとなるとコスパは相当に良くなりそうです。


 


JUGEMテーマ:電力自由化
0
    このエントリーをはてなブックマークに追加  


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    書いた記事数:57 最後に更新した日:2016/02/02

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM