新電力会社と東京電力の2社を使い分けて電気を買うシュミレーション

太陽光発電


前々回の更新、新電力会社と東京電力の2社から電気を買うことはできるの?と前回の更新、新電力会社と東京電力、両方から電気を買うための電気工事で2016年4月からの電力自由化に伴い、電気を購入する電力会社は自由に選べ、さらにそれは一つの会社に絞る必要はないってことが分かりました。


これって実は電力自由化の裏技みたいなことになるのではないでしょうか?購入する電気会社を時間帯に合わせて通すメーターを切り替えることで最安の会社を複数使い分ける、または、配線を設定することで、昼間に電気を使うことが多いリビングは新電力会社から、深夜に電気を使う受験生の部屋、エコキュートは東京電力からなんてことも可能ということが分かりました。


さて、今回は本当にそれってお得になるかってことを検証してみましょう。安い電気を購入するのは良いですが、基本料金など他のコストがかさみ、結局のところのトータルコストがかかってしまうのでは意味がありません。



今の我が家の電気プランは東京電力の電化上手というオール電化住宅には非常にメリットの大きいプランです。このプランでは、


1kWhあたり
昼間時間(毎日午前10時から午後5時まで)は夏季(毎年7月1日から9月30日)38円63銭、その他の季節(毎年10月1日から翌年の6月30日)31円64銭
朝晩時間(毎日午前7時から午前10時までと毎日午後5時から午後11時まで)25円92銭
夜間時間(毎日午後11時から翌朝の午前7時まで)12円16銭


夜間時間の12円16銭が激安!この時間にエコキュートでお湯を作っておくことで電気代が大きく節約できる訳です。我が家ではタイマーを活用することで朝の7時までに洗濯もだいたい終わらせておくので節約効果は非常に高いです。こんな家庭はきっとたくさんあるのではないでしょうか?


さらにもうひとつのプランをシュミレーションしてみましょう。同じく東京電力の従量電灯B・C、このプランは
時間帯に応じて電力量料金単価を設定しておらず24時間一定料金、ひと月の使用電力量に応じて3段階の電力量料金単価を設定しています。


最初の120kWhまで19円43銭
120kWhをこえ300kWhまで25円91銭
上記超過は29円93銭


こうやって東京電力のプランを比較してみて分かることは、お得だと思っていた
電化上手のプランも実は昼間の時間帯はけっして安くないということです。むしろ、昼間の時間帯では24時間定額の従量電灯プランの方がお得です。


しかし、だからこそ、この割高な
朝晩時間帯だけ新電力会社から電気を購入できればコスパは相当に良くなりそうです。さらに太陽光発電ができる昼間の時間帯に新電力会社から電気を購入すれば現在の「余っている電力を売る」から「発電した電気すべてを売る」にすることができます。これは相当にメリットがありそうです。


ちなみに我が家の発電電気の買い取り価格は1kWhあたり42円、民主党政権下で導入された太陽光発電固定買取制度がいかに充実した金額であるかが分かります。同じ量の電気でも売電価格の方が高いため全部売ってしまい、全部買ってしまった方がお得となります。


現行制度の場合、余った電気だけが売れるので、発電した電気と使う電気が同じであれば購入も売電もゼロ、作った電気を自宅で全部使うことになります。でも、購入を新電力会社、売電を東京電力とした場合は同じ量の電気を発電し使った場合でも買い取り価格が高い差の分だけお得になる訳です。これはオイシイ!


では2016年の東京電力からの明細書を見てシュミレーションしてみましょう。東京電力が提供しているでんき家計簿というサービスを使うことで簡単にシュミレーションすることができました。



我が家の2016年の年間電気使用明細は

昼間(10-17)は481kWh
朝晩(7-10,17-23)は2887kWh
夜間(23-7)は3359kWh

支払い合計金額は155011円でした。こうやって見てみると太陽光発電が非常によく効いていて昼間の電気が高い時間帯にあまり電気を買っていないことが分かります。では、仮にこの昼間の電気を東京電力から購入しなければどうなるのでしょうか?この時間帯は夏季とその他の季節で料金がかかるので間を取って1KWhあたり35円で計算してみます。

481kWh×35円=16835円

これを新電力会社から購入した場合はどうなるでしょうか?新電力会社は各社競争を繰り広げているので価格はまだ下がりそうですが、1kWhあたり24円程度で購入できそうです。

481kWh×24円=11544円

1年で5291円お得となります。さらにセット割などの特典が得られます。しかし、新電力会社にも毎月の基本料金がかかることを考えるとメリットはほぼない、むしろ割高になってしまいそうです。


ただし、太陽光発電システムを導入している家に関しては有り余るメリットがあります。昼間の太陽光発電が稼働している時間帯、発電したすべての電気を売った場合、どうなるかをシュミレーションしてみました。


2016年、我が家の太陽光発電システムが発電した電気量は4623kWhでした。買い取り価格は42円ですので、

4623kWh×42円=194166円

年間の電気購入価格を上回ってしまいます。昼間の時間帯はすべての電気を新電力会社から購入する訳ですから、支払い価格は今よりも大きくなってしまいますが、昼間の時間帯は新電力会社から購入する方が安い訳ですから基本料金を2社に払わなければならないというデメリットよりも大きなメリットが得られそうです。


さて、となると、後は東京電力と新電力会社、2社から電気を購入する場合の準備、電気配線工事にどの程度のコストがかかるかということになります。

 


JUGEMテーマ:電力自由化
0
    このエントリーをはてなブックマークに追加  


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    書いた記事数:57 最後に更新した日:2016/02/02

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM